初めて不動産屋さんに行ったときの思い出

高校を卒業した後、就職をするのを機に一人暮らしを始めることを決めました。
そのとき、お部屋を探すために、生まれて初めて不動産屋さんに行きました。
高校を卒業したばかりの女性が初めて一人暮らしをするということもあり、担当の女性スタッフの方が安心して暮らせる物件を親身になって探してくれたことを今でもよく覚えています。
セキュリティがしっかりしている物件を中心に、周辺環境や細かな部分まで一緒に確認してくれたおかげで、安心して暮らせるお部屋を見つけることができました。
就職が決まっていた会社へも通いやすい場所にありましたし、駅がとても近かったので、残業で帰りが遅くなってしまったときも安心感がありました。
また、そのとき不動産屋さんのスタッフの方に教えてもらった、一人暮らしの女性が安心して暮らせる物件の条件は今でも頭の中にあり、お部屋を探すときに役立っています。
これからも、あのとき教えてもらった不動産の選び方を頭に入れた上で、住まいを探していきたいと考えています。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

初めて不動産屋さんに行ったときの思い出